高校中退者のアルバイト 高校生不可は大丈夫?フリーターは多い?おススメは?

高校中退者のアルバイト 高校生不可は大丈夫?フリーターは多い?おススメは?

高卒認定試験って?

 

 

高校を中退したばかりであれば、年齢でいえば16歳17歳18歳にあたると思います。

 

勉強についていけなくなったり、出席日数が足りなくなったりして、「なんとなく」中退してしまったという状況の人、多いと思います。

 

ですから、年齢的なこともあってか、社会にでて、社会人としてやっていくという覚悟がまだ決まっていません。

 

もちろん、人それぞれ事情がありますが、
高校は辞めてしまって、すぐにやることは無いけど、働かないことには、目の前の生活が立ちいかなくなってしまう」というのが、高校中退した人がアルバイトをする理由です。

 

内閣府の調査でも、高校を中退して「働いている」と答えたひとのおよそ80%が「フリーター・パート」と回答しています。

 

俗に世間で言われているフリーターの多くは高校中退した人が多いように思います。

 

参考サイト:内閣府-若者の意識に関する調査(高等学校中途退学者の意識に関する調査)

 

PDF:調査結果の概要-6ページ目

 

高校中退者はどんなアルバイトをしてる?おススメは?

 

高校中退して求人誌や求人サイトでアルバイトを探すと、学歴不問の条件でよく目につくのが、

 

  • ・居酒屋、カラオケ店、コンビニ、パチンコ店などの接客サービス業
  • ・引っ越しや現場作業などの力仕事系
  • ・キャバクラなどのナイト系の仕事

 

これらの仕事です。

 

これらはおススメです。実際、高校中退して経験している人も多いと思います。

 

選ぶ理由としては、時給の良さや時間的に融通がきくなどが多いです。とくに、時給が良いのは、外せないポイントですね。

 

 

18歳になれば、深夜までバイトできる?

 

高校中退した人が、割のいいバイトをしたいと考えた場合、深夜の時間帯に働きたいと思います。ここでいう深夜帯とは、22時から翌5時の時間帯です。

 

ただ、労働基準法という法律上では、18歳未満の深夜帯の勤務が禁止されています。

 

ですから、18歳以上であれば、基本的には、深夜帯のアルバイトは可能ということになり、高校中退して、働く時間があったとしても16歳や17歳では深夜の勤務は原則不可ということになります。

 

また、キャバクラなどのナイトワークは未成年ではできなかったりと、業種により違いはあります。

 

高校生不可のバイトに応募できるの?

 

「もし高校に行っていれば、高3の年だけど、中退してフリーター」という状況のとき、高校生不可にあてはまるかということを心配される人も多いです。

 

この場合は、高校生として扱われませんので、その求人に応募することは可能だと思います。

 

まとめ

高校中退した人は、いいアルバイトないかな?とかどんな仕事が自分に向いているかな?とか、仕事に関してはいろいろ考えると思います。

 

では、オススメは何かというと、「正社員」。つまり就職です。

 

やはり、アルバイトでは失業したときのことなど、不安が残ります。
同じ働くのであれば、どのアルバイトがおすすめかと考えるよりは、バイトではなく正社員として雇用されて、職歴をつくることを考えたほうが、自分のためにもなりますね。

 

ほかにも資格の取得や、再度高校に通うなど、選択肢は多いほうがいいと思います。
 

 

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼