高校留年の進路

高校留年の進路

夏休み明けは高校を中退する人は今も昔も多いです。中退はしないまでも10月以降で高校留年を心配する人は多数います。もちろん学年は来年3月まであるので決定ではありません。振り返って

  • 自分の出席日数や
  • 担任の先生から注意が入ったり

そんな事が有り、10月以降に次の進路を模索する人がいます。高校留年の基準は

  • 欠席日数
  • 試験点数(取得単位)

です。試験の点数は再試験などがあり、普通にしていればよっぽどの事がない限り留年の決定要素にはなりにくいでしょう。※余談ですが、試験は先生が作って添削しています。やはり先生たちには評価制度が有り、自分のクラスから高校中退者や留年者を出すと印象はよくなりません。なのでできる限り担任は中退しないよう、留年しないよう協力をするはずです。
高校留年 進路 

 

高校留年で欠席日数は大きな要因

留年になる決定的要素は欠席日数です。欠席日数は上限があり、それ以上欠席してしまうと留年となってしまいます。
欠席日数が不足し留年になれば進路は2つです。

  • 新たに通信制高校や定時制高校などに編入する
  • 高卒認定試験を受ける

です。もちろん留年後、就職をする人もいますが、継続しづらい、思うような仕事に付けないという事はあるようです。このような理由から1度中退して数年後に高卒資格を取得する人がいます。

 

高校留年しそれから編入へ

編入に関して全日制で留年して全日制に編入する人は少数でしょう。そのまま1つ下の学年で同じ学校に通う人も少数です。やはり通信制高校や定時制高校に編入する人のほうが多いようです。でもこの進路は問題が1つ・・・

同級生と同じように進学が出来ないという事です。

通信制や定時制は1年間で取得できる単位が全日制よりも少なくなっています。最近では定時制でも3年間で卒業できる学校はありますが、やはり4年生の学校が多いのは事実。となると同級生と同じような行動は出来ません。

 

まとめ

高校留年から進路は先程もお伝えしたように2つ。

  • 時間をかけても良い
  • 同級生と同じように進みたい

どちらの意見なのかで高校に編入するか高卒認定試験を受けるかは決まるでしょう。
 

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼
高校中退