履歴書に学歴詐称をする高校中退者

学歴詐称をする高校中退者

高卒認定試験って?

 

学歴を嘘ついて悩んでいる人が多くいます。

 

高校中退した人が就職活動をする際、学歴詐称をする人がいますね。同じ高校中退の人でも「そんなことするなんて・・・」と驚かれた人もいるのでは。誰しも高校中退とはいいにくいものですね。その気持ちは分かるんですけど・・・
詐称をする理由は2つあります。

2つの理由からつい学歴詐称を行ってしまいます。

 

高校中退はバレるのか

詐称が高校中退がバレるかバレないかを天秤にかけた場合、就職する企業にもよりますが、ほとんどの企業でバレないでしょうね。

高校中退 学歴詐称

日本の大多数は50人未満の中小企業です。中小企業が前の会社を調べる事はほとんどありません。※特例は除きます 

 

学歴詐称を抜け出す最短の方法とは?

 

本当に高校中退を調べないのか

本当に高校中退を会社は調べないんでしょうか。中小企業は経歴調査などはほとんどしません。前の会社を調べる事を行ったことがないので前職に連絡を入れたところで何を誰にどう聞けば良いかわかりません。それに学歴詐称する程度の学歴の持ち主が以前に勤めていた会社はやはり中小企業の可能性が大きいでしょう。そうなると相手側の企業もほとんどの場合、調査などを受けたことがありませんよね。履歴書=事実こういったイメージがあるのであまり調べたりしませんね。

 

収入の問題もあります。既に働いている場合、高卒と中卒とでは給料に違いがあるかもわかりません。それだけ高校中退から仕事をする事は現実的に難しいんでしょうね。本当の問題はバレるかバレないかではないんですよ。

 

  バレずに就職活動できる?入社後もバレないでいられるの?

 

就職活動といっても、

  • 新卒採用

  • 中途採用(転職など含む)

に分かれますし、企業の規模も大企業から中小企業、個人商店のような規模まで様々ありますね。

なかでも、新卒採用は卒業証明書の提出を求められたりする場面が多いかもしれません。大企業になれば、書類選考から何度も面接を重ねることになります。

そもそも新卒採用は学校を通しての就職活動になる場合が多く、学歴詐称は難しいでしょう。

それ以外の場合は、前項でも示したように経歴調査をする会社は少数派にあたるでしょう。

なかでも、書類選考のある会社は、それをパスしないと面接すらしてもらえないのですから、「なんとかしたい」という一心で、学歴詐称をしてしまうのでしょう。

そのほうが一時的には有利に思えますし、内定を得ることもできるかもしれません。

しかし、入社後に卒業証明書の提出を求められたりしたらどうしますか?ふとしたきっかけで、そうならないとは限りません。せっかく入社した後も、ビクビクしながら過ごさなくてはなりません。

繰り返しますが、本当の問題はバレるかバレないかではないんですよ。

バレたらどうなるの?

本当の問題点を述べる前に、バレたらどうなるのか、ということについて、少しだけ触れておきます。これは、余程でない限り刑罰には問われないようです。

しかし、会社には就業規則というものがあります。これに則って、「解雇」になる可能性も十分あるのです。そうなれば、せっかく築いたキャリア・経験も、ひとつの嘘で水の泡となってしまいます。

 

高校中退者が学歴詐称する本当の問題点

学歴詐称の本当の問題点は

自分自身に対する罪悪感
バレたらどうしようという恐怖感

なんです。
実際、学歴詐称をし企業に勤め長年働いている人もいます。長くなればなるほど罪悪感は募ってしまいます。逆に働き出して間もない頃はバレたらどうしようという恐怖心でドキドキのはずです。

 

実際、勤めて長い短い関わらず働きながら高卒認定をとる人結構いますね。
学歴詐称は罪です。詐称が理由で8年間働いていても懲戒解雇になる場合もあります。
対外的にも内的にもやはり学歴詐称は得することは1つもありませんのでやめましょうm(_ _)m
高校中退から高認とって怯えず仕事を探し仕事の可能性を広げてみてはどうでしょうか?

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼